仏壇仏具・寺院仏具・葬儀・お葬式・生前予約・霊園墓石の泉屋―宝暦四年(1754年)創業260年の信頼と実績

ホーム > 仏事の豆知識 > 通夜、葬儀のマナー 喪服、小物類について
仏事の豆知識

通夜、葬儀のマナー

喪服、小物類について

喪服には正喪服、準喪服、略喪服があります。男女とも、その葬儀での立場によって着用する喪服が異なります。なお、子供は学校制服を着用します。制服がない場合は黒か紺の地味な服を着るのがよいでしょう。

男性の服装

<正喪服>
正喪服は喪主をはじめ、遺族や親族だけが着用する第一礼服です。
和装の場合は黒羽二重地の染め抜き五つ紋付きの羽織袴、洋装の場合はモーニングコートで、その下は白無地のソフトシャツになります。ただし、モーニングコートは本来昼間の服装ですから、通夜の際には黒の上下のスーツに黒ネクタイ、ワイシャツ、喪章をつけます。

<準喪服>
準喪服は喪主以外の遺族や親族、ごく親しい間柄の人が着用します。
和装を用いることはほとんどなく、主に洋装になります。これはごく一般的に用いられるブラックスーツで、シングルでもダブルでも構いません。通夜から葬儀・告別式、四十九日、一周忌など、どのような場面でも着用できる万能の礼服です。

<略喪服>
略喪服を着用するのは、急な弔事でのとりあえずの弔問や、一般的な会葬に出席するときです。
濃紺やダークグレーなどの無地のスーツを着用します。ネクタイ、靴下、靴は黒で統一しますが、間に合わない時はグレーなど黒に近いものを準備しましょう。なお、準喪服と同じく和装はほとんどみられません。

女性の服装

<正喪服>
正喪服は主に喪主が通夜の席から着用します。
和装の場合は、黒無地染め抜き五つ紋です。洋装の場合は、黒無地のアフタヌーンドレスですが、これは日中の服装ですので通夜では用いません。また、ない場合はワンピースやアンサンブルで代用しても構いません。

<準喪服>
準喪服は、喪主以外の遺族や親族が着用します。
和装は無地紋付の染め抜き三つ紋または一つ紋、洋装では黒無地のワンピースやスーツです。使用範囲が広く、すべての仏事に着用できます。

<略喪服>
略喪服は一般会葬者や地域の葬儀に参列する際に用います。
和装では無地の着物や地味な小紋とします。
知人の葬儀や法要のほか、近親者でも七回忌以降は紫や藤色、グレーなど色のある礼服でも構いません。また、洋装では黒や紺、紫、グレーなど地味な色のワンピースやスーツとなり、夏なら黒のブラウスとスカートが一般的です。
どの場合も、和装では光沢がないこと、洋装では襟元が開いていないこと、夏でも透けない素材で長袖であることが望ましいとされています。

小物類について

小物は宗旨・宗派や地域、年齢による違い、喪服との兼ね合いなどから意外に気を配るものです。 準備に不安がある場合は、とにかく控えめなものを用意します。また、年配の人に尋ねておくのもよいでしょう。

男性の場合

<シャツ>
シャツは白が基本です。カフスボタンはシングルで、黒い石の目立たないものを使用します。黒曜石やオニキスなどの宝石で、スクエアタイプのものがよいでしょう。

<ネクタイ・靴下>
ネクタイは光沢のない黒無地が基本で、ネクタイピンは不要です。靴下も黒を使用します。 靴紐タイプかスリップオンの黒靴を用意しましょう。エナメルなどの光沢の強い靴は弔事にはふさわしくありませんから、特に注意 します。

女性の場合

<バッグ、靴>
バッグは基本的に黒い小型のものを用います。ただし、金属製のきらびやかな装飾や留め金がついているものは避けましょう。靴も飾りや光沢のない、黒色のシンプルなものを用います。

<アクセサリー類>
弔事でアクセサリーをつけるのはタブーとされていますが、真珠のネックレスはつけても構いません。ただし、凶事が重ならないようにとの意味から、一連のものを用いましょう。このほか、マニキュアを落とすのも忘れてはなりません。