仏壇仏具・寺院仏具・葬儀・お葬式・生前予約・霊園墓石の泉屋―宝暦四年(1754年)創業260年の信頼と実績

ホーム > 仏事の豆知識 >季節の行事 お盆について、お盆豆知識
仏事の豆知識

季節の行事 お盆について

お盆の由来と期間

お盆の由来は目連尊者の故事に由来します

お釈迦様のお弟子に目連尊者という方がいました。
ある日、目連尊者は、亡くなったお母様が餓鬼の世界で生まれ変わり苦しんでいるのを知り、なんとか救おうとその母に食物を与えるのですが、救われませんでした。そこで、お釈迦様のお導きで、多くの衆僧を招いてご供養の大布施行を捧げたところ、お母様は餓鬼の苦しみから逃れることができたといいます。
その日が7月15日であったという故事から、この期間に、ご先祖の霊をわが家に迎えてご供養を捧げ、また、仏様の浄土に送り返す「盂蘭盆会(うらぼんえ)」の行事が行われるようになったといわれます。
ただし、浄土真宗では、亡くなった後に極楽浄土へ往生したとされているので、霊が戻ってくるとは考えられていません。ですから、お盆の風習もありません。


お盆の時期

お盆は、東京などの関東の都市部では7月13日から16日ですが、日本の多くの地方では1ヶ月遅れの8月13日から16日となっています。これを「月おくれ盆」といいます。
月おくれ盆は、明治時代に新暦を採用するにあたってお盆が7月となった際に、農作業が最も忙しい時期と重なってしまい都合が悪かったために作られました。お盆を一ヶ月遅らせれば先祖の供養もゆっくりとできますから、特に地方では月おくれ盆となっているのです。
また、旧暦の7月13日から16日をお盆とする地域もあります。この場合は陰暦を用いますから、お盆の日付は毎年変わります。

お盆の準備

精霊棚

お盆のときに特別に作られる棚のことを盆棚、精霊棚、魂棚と呼びます。
仏壇をきれいにお掃除し、精霊棚を準備します。

  1. お仏壇の前に机を置き、机の上に真菰で編んだゴザを敷きます。
  2. 仏壇から位牌、香炉、燭台、花立、りんを机の上に移して置きます。
  3. 迎え団子を十三個、お皿に盛って供えます。
  4. 茄子と胡瓜で牛と馬を作って供えます。この動物にご先祖が乗ってくるということで作りますので、十三日には内側に向け、十六日にはまたご先祖が乗って帰るということから、外側に向けておきます。(牛と馬の足は「オガラ」という皮をはいだ麻の茎で作ります)
  5. お供え物は季節の野菜、果物、餅菓子などがよいでしょう。

お部屋のスペースに余裕が無い場合は、別に精霊棚を作らず、お仏壇の中に盆飾りやお供え物をしてもかまいません。
※上記の祀り方は一般的なものであり、地域によって異なる場合があります。


迎え火
迎え火

十三日の夕方、家族そろってお墓参りをし、ご先祖の霊をお迎えに行きます。
本来、迎え火は墓前で焚き、その火を持って自宅までご先祖の霊を導くという意味がありましたが、現在ではほとんどの家が墓地と離れているため、門前でオガラを焚いて合掌し、お迎えします。
家では先祖の霊を迎えるために仏壇を清め、精霊棚を作り、そこに位牌を移します。さらに、季節の野菜や果物、水などを供えて提灯をともします。


送り火
花火

十六日には送り火で祖霊をあの世に送ります。
この時、ご先祖の霊があの世へ無事に着くようにとの願いを込めて、門前でオガラを焚きます。火を焚けない場合はローソクを灯し、礼拝して送ります。
京都の夜を美しく彩る大文字焼きはこの送り火の名残であるとされています。

以前は、精霊棚の飾りやお供え物をまとめて真菰に包んだりして、近くの川や海に流す「精霊流し」の行事がありましたが、近年では川の汚染防止のために、地区ごとに一ヶ所に集めて処理するようになってしまったようです。
夏の風物である打ち上げ花火は、元来「精霊流し」の行事であったとされています。


棚経

お盆のときに盆棚・精霊棚や仏壇の前で特にお経を読んでいただくことを棚経といいます。
お礼として、お布施を用意します。遠方から来ていただいた場合は、「お車代」を別に包みます。目安はタクシーで往復できるくらいの額が適当とされています。
また、昼食時と重なった場合は昼食をお召し上がりいただくか、「お膳料」を包みます。


仏膳(霊具膳)

仏前において食物を供するための仏具です。
膳、四種の椀(親碗・汁椀・平椀・壷椀)、さらに高杯、お箸という道具からなります。この形態は、冠婚葬祭の礼式として用いられる正式な料理の形態の中から、本膳(一の膳)を取り出したものです。
現在、在家用仏具としては塗物とPC製のものとがあり、総朱・黒中朱・溜・金虫喰などの種類があります。

お霊供膳

  1. 親椀…白飯
  2. 汁椀…味噌汁
  3. 高杯…香物
  4. 平椀…煮物
  5. 壺椀…なます
  6. 仏膳

初盆(新盆)について

故人がなくなって最初に迎えるお盆を「初盆」または「新盆」といいます。故人の霊が初めて家に戻ってくる日ですから、特に丁重にお迎えしたいものです。
また、四十九日以前にお盆に入ってしまう場合は、その年ではなく次の年を初盆とするのが一般的です。詳しくは、お寺様に相談してみるとよいでしょう。


初盆の期間

八月七日から十六日までが一般的です。
七日の夕方に墓参りをして、先祖の霊を迎えに行きます。


初盆のときの服装

初盆のときは招く方も、招かれる方も喪服を着ることが基本となりますが、地味な服装であれば構いません。初盆以降も正式な法要を行う場合には地味な服装がよいでしょう。


新棚(初盆の祀り方)

新棚

初盆の場合、お仏壇の外で祀ります。八月七日から左の図のようにお祀りください。
壇は清浄にして白布でおおい、新棚の左右に提灯を祀ってください。

茄子と胡瓜で牛と馬を作って供えます。この動物にご先祖が乗ってくるということで作りますので、七日には内側に向け、十六日にはまたご先祖が乗って帰るということから、外側に向けておきます。

はしごは「六道をこえて」ということから七段にし、畳の上から新棚壇までとします。
(牛と馬の足・はしごは、「オガラ」という皮をはいだ麻の茎で作ります。)

  • 生野菜……胡瓜、茄子、瓜、南瓜、芋、枝豆など
  • 乾 物……高野豆腐、ゆば、干し椎茸、寒天、そうめんなど
  • 果 物……西瓜、トマト、メロン、バナナ、りんご、桃、梨、ぶどうなど
  • 菓 子……はくせんこう、生菓子など

以上のものを蓮の葉または里芋の葉に盛り、お供えします。

※上記では代表的な祀り方を紹介しています。

盆提灯について

提灯1

迎え火の変形として有名なのが盆提灯です。門前に吊るされた提灯は祖霊がやってくるための目印であり、またその家の祖霊が滞在している目印でもあるとされ、この提灯の風習は行われてきました。
最近では色や型にもあまりこだわらない、様々な提灯が用いられているようです。
提灯は毎年お盆に使いますので、できるだけ良いものを選ぶと良いでしょう。

盆提灯を飾る場所

盆提灯は、盆棚・精霊棚の前、もしくは仏壇の前に飾るのが基本です。迎え火、送り火としての灯火にする場合は、玄関先もしくは窓際に飾ります。
盆提灯は一対で飾るのが理想ですが、場所が狭い場合には一対でなくとも大丈夫です。


家紋入り提灯について
家紋提灯

提灯は、祖霊がやってくるための目印と考えられているので、目印としてよりわかりやすくするために、家紋入りの提灯も人気があります。
家紋入り提灯の場合、家紋を入れる製作期間が必要となるため、なるべく早く注文するようにしましょう。


初盆用提灯について
初盆用提灯

地域によって異なりますが、提灯は絵柄のない白木の白張提灯を使用します。これは初盆のときだけ用い、送り火で燃やしたりお寺へ納めたりする風習があるようです。
なお、毎年のお盆には、模様の入った提灯を使います。

盆提灯の種類
岐阜提灯
『御所提灯』とも呼ばれるお盆提灯の代表格。
江戸時代中期(18世紀頃)に登場したとされている、吊り下げ式の提灯です。当時の江戸の町ではこの形の提灯が『岐阜提灯』と呼ばれて、大変流行していたといわれています。
大内行灯
明治中期に登場した据え置き型の提灯です。三本足の比類なき安定性と、『岐阜提灯』よりも幾分ふっくらとした火袋に描かれる芸術性の高い絵柄で、『岐阜提灯』と並ぶお盆提灯の代表的な形です。

大内行灯に、廻り灯篭の魅力を盛り込んだ廻転灯も人気があります。外見は大内行灯と変わりませんが、光源である電球の熱を利用して回転する『回転筒』を備えているのが特徴です。
御殿丸
まん丸の形が特徴のお盆提灯です。主に中国・四国・九州・北海道・東北・北関東地域で使用されることの多い提灯です。
東京・近畿・東海地域ではあまり使用されず、地域色がはっきりとしています。
住吉提灯
長い筒状の形が特徴のお盆提灯です。主に九州・山陰・東北・北関東周辺で使用されることの多い提灯です。
名前の由来は諸説ありますが、一説には『住吉大社』のご神体である『竹』に形が似ているので、『住吉』の名で呼ばれるようになったといわれています。
インテリア提灯
現代の生活に合わせて開発された提灯です。木製メタル調仕上げや、和風ながらフローリングにもご使用いただけるデザインの『和照灯』など、季節や場所にとらわれない、新しい灯りのご提案です。

他にも、霊前灯や蓮華灯、バブル灯など、様々な盆提灯があります。

盆提灯の種類
楽天墓参用品売り場へ